幸運を引き寄せる「文字の書き方講座」無料プレゼント

・筆跡を学んで、人脈がどんどん広がった
・人生前向きに生きれるようになってきた
・宝くじが当たった
・仕事が上手くいくようになってきた
・起業して人の輪がどんどん広がってきた

などなど
「字」を改善しただけで、劇的に自分が変わった
という声をいただいております。

私が、行っている「筆跡心理学」とは
単に

・綺麗な字を書けるようになる
・書いた字を見て性格や運命を占う

というものではありません。

私が行っている「筆跡心理学」とは
書く字を変えることによって
「性格・運命」を変えていくものです。

なので
何かの動機で

・自分を変えたい
・自分の理想の人生を送りたい

と思っている人には

「筆跡心理学」をオススメします。

私の活動拠点は主には広島です。

広島という地でこれまで、全く一人からイベントなどで筆跡診断の魅力を伝えてきて

多くの方の人生の流れを変えてきました。

何故無料で教えてくれるの??

目的は2つあります。

・筆跡診断をもっと深く知っていただきたい

・筆跡診断の起業家を増やしていきたいからです。

・筆跡診断をもっと深く知っていただきたい

筆跡診断がまだ世の中からあまり認知されていないというのが現状です。

 

筆跡診断は「占い」と思われる方がいると思いますが、筆跡診断は占いではありません。

「字」を変えることは自身の「生活環境」「性格」を好転に導く力を持っています。

私は「字」の可能性を広めることにより沢山の人の笑顔を作っていきたいのです。

何故なら「字」の可能性を広めることが、筆跡鑑定士としての使命だと思っているからです。

・筆跡診断の起業家を増やしていきたい

筆跡診断をもっと広めていくには、私一人では不可能です。

そこで、筆跡診断の可能性を伝えてくださる起業家を育てていきたいのです。

そのためには、まずは筆跡診断の可能性を知ってもらいたいと思っているからです。

人から受けた傷は人でしか癒せない
私は3年前まではごくごく普通のシングマザーでした。
10年前、私は元旦那さんの自殺。子供が交通事故による高次脳機能障害という障害を負い失意のどん底にいました。

本当に苦しい時って死ぬ気力さえわかないんですよね。まさに廃人でした。
あのまま時を過ごしていたらと思うとぞっとします。

きっと世間を恨み自分の運命を恨み、誰かれ構わずいつも文句ばかり言っているような、そんなおばさんになっていたんじゃないかと思います。

ちょうどその頃、私の人生を変えてくれた恩師と出会い、九星気学と出会い、私は無料のメール鑑定で1日100人の鑑定を始めました。

夜、寝る間も惜しみ、ただただひたすらパソコンの前で様々な悩み事に向き合いました。
そうすると相談者の方から
「ありがとうございました」「楽になりました」
という、感謝の言葉を頂けるようになってきました。
これは私の持論なのですが
「人から受けた傷は人でしか癒せない」
と思っています。

それも「頑張ってね」「あなたのせいじゃないよ」「気にしないで」そういう人からの励ましや応援ではなく(もちろん有り難いし嬉しいのですが)「ありがとう」です。
これは、自分を責めたり精神的に疲れている時、何よりも相手に認められていると実感することが大切だからです。
人は人に認められることで安心感を得ることができ、自信を持つこともできます。
荒療治な気もしますが、自分が本当に苦しい時、人の役にたつことを何か行動に移してみてください。
話がそれてしまいました(笑)

そうやって、何とか立ち直りはしましたが、相変わらず極貧でしがないパート勤務+占い師の立場は変わりませんでした。
そんな時テレビで筆跡診断士の方が芸能人の筆跡を診断されている番組をたまたま目にしました。「これだーーーーーー!」って思った私は早速、筆跡心理学の勉強を始めました。
いざ資格をとり「筆跡診断士」として活動しようにも
お金がない。人脈がない。知恵がないという状況でした。

「字」を変えて人生の流れが激変
「せっかく筆跡心理学を勉強したので、騙されたつもりで何か筆跡改善してみよっかな~」くらいの気楽な感じでへんとつくりを開けて書いてみました。
だって文字の書き方変えたくらいで人生変わるわけないじゃんって思いますもんね(笑)
ちょうど3週間くらいたった頃、変化が見え始めました。
もともとは、人と接するのが苦手なタイプだったので、セミナーや交流会などには興味がなかったのですが、なぜか参加するようになりました。
そこからの私は、起業前に宮島 大聖院での人生初セミナーを皮切りに
広島中のカルチャーセンターで講師、社長様ばかりの勉強会での講演会、起業からわずか8か月で本を出版できました。

島根、鳥取、愛媛、埼玉、大阪、岡山などで企業様のイベントに出展。
キワニスクラブ、ライオンズクラブ、ローターリークラブでの講演会。
そして今、西日本に50名の認定講師、100人の診断士を輩出した日本筆跡セラピスト協会の代表をさせて頂いています。

起業から、わずか3年。

人前で話すのが本当に苦手で(今でも苦手です)セミナーや講演会が苦痛で仕方ないのですが来月も100人の参加者の皆さんの前で筆跡心理学のお話をさせて頂くセミナーのオファーを頂戴しています。
そして、起業当時心がけていた5つのポイントをお話しします。

①頂いた仕事は断らない

「私なんかにお声かけて頂いて光栄です!」「はい!喜んで!」の精神です(笑)
そこから、どう次に繋げるかは私次第ですから。とにかくお声かけてくださったことが嬉しかったです。

②想像以上のサプライズを

「このくらいしてくれたら、いいかな~」って依頼主が思っている遥か上のパフォーマンスを見せることを心がけました。
③わからないことは、わかる人に聞きに行く
私は本当に物を知りません。決して自慢できることではないのですが、興味のないことは本当に何もわかりません。
 
なので、ビジネスでもなんでも、生徒にでもわからないことは何でも誰にでも教えてもらいました。

④感謝の気持ちを忘れない

講演会の前に必ず話すことがあります。
「今日は筆跡心理学についてお話しする機会を頂き本当にありがとうございます。
おもしろく楽しく筆跡心理学についてお伝えできたらと思っておりますので、最後までお付き合いよろしくお願い致します」
どんな小さな講演会でも、必ず言います。
初心と感謝を忘れないためです。

⑤応援する

今は圧倒的に認定講師の先生方の1番の応援団だと思っていますが「この人素敵だな~」って思う方は心から応援します。

PAGE TOP